安心、安全な水はこちら

RO水(逆浸透膜水)の原理

RO水は、逆浸透膜という、細かい穴の開いたフィルター、チューブに圧力をかけて水を通して、余分な物質を除去していきます。
逆浸透膜では、海水が真水になりますし、病原菌や放射線物質を除去します。

 

・・しかし、逆に有用なミネラル分までろ過してしまいます。逆浸透膜でろ過した、ほんとうに純粋、真水がRO水です。

 

RO水の原理

放射性物質をろ過する唯一の方法が逆浸透膜

毎日とるものだからこそ気をつけたいのが水ですね。いま、安心して飲める水をみんな探しています。
特に、原発事故以来、水へ放射能の影響がささやかれる中、様々なうわさも飛び交いました。

 

結論は、逆浸透膜・RO膜が唯一有効な手段である独立行政法人・放射線医学総合研究所が発表しました。

デメリット

逆浸透膜(RO膜)の、ろ過は、細かい穴の空いたチューブや膜に水を通し、不純物を根こそぎろ過します。ミネラルウォーターは、一般的には、RO水にミネラル分をあとで添加して、販売しているのが現状です。

 

また、家庭用浄水器で、RO水・真水を作ると、すごく時間がかかります。
海水魚を買っている方は、RO水の浄水フィルターを使ったことがあるかもしれません。1日がかりでやっと、小型の水槽の水がいっぱいになります。

 

大量にRO水を作るには、高性能な大型の浄水器でろ過することが効率上、必要になります。